投稿

5月, 2024の投稿を表示しています

館岸山は最後まで景色が開けず 吾国山・館岸山(完結編)

イメージ
長沢三角点の次の目標は、383mの御殿三角点である。スマホのナビをみる限り、境界見出標12番の広くなった場所を示すのだが、三角点らしきものは見当たらない。周囲は林の中で、三角測量できそうな場所もない。 少し北に進んでみたけれど見つかりそうもないので、あきらめて先に進む。そして、 次の目標である加賀田山もやはり見つからないのである。 加賀田山の名前はおそらく麓の加賀田集落からきていて、下から見ると目立つ山なのだと思う。しかし国有林管理道を歩くと眺めは開けず、ただ木々に囲まれた道というだけである。WEBでは目印の山名標があるのだが、撤去されたのかもしれない(最近、国有林の目印が次々と撤去されている)。 そもそも加賀田山に三角点はないし、管理道の中間にあって分岐点でもない。だから何も目印がなければ通り過ぎてしまうのである。登り下りが続くので、ピークらしき場所はたくさんある。もちろん、管理には境界標があればいいというのが林野庁の公式見解だろう。 次の目標は館岸山との分岐だが、ここも鈴木さんの本に載っている行先案内が見当たらなかった。しかし、スマホのナビによるとこのまま直進しても金毘羅山に行き過ぎてしまうので、それらしき踏み跡を辿る。1/25000図の道でもなかった。 とはいえ、道なりに進んで急傾斜を飛び下りると、消えかけた道案内が「加賀田山 →」と下りてきた方向を示していたから、おそらく登山者はここを通るのだろう。急傾斜の下は、太い砂利道になっている。 ここから館岸山までは、基本的に下り坂である。通ってきた三角点が350~400m、館岸山が標高256mだから、当然そうなる。 最後に一転して急坂を登ると館岸山になる。 ここも、まったく展望は開けていない。道案内の標識もいくつかあるが、みんな朽ちてしまって読むのも難しい。地元おこしでハイキングコースを作ったものの、そんなに景色もよくないし周囲は採石場になってしまったので、どんどん寂れているような気配だった。 寂れているのは中腹にある館岸城址も同様である。ここは難台山城と同時期、南北朝争乱時にできた城なのだが、もともと遺っているのは土塁とか城割だけである。おそらく整備に骨折った人達が年老いてしまったのだろう、施設も立て看板も草むらの中である。遊歩道がどこなのかも判別できない。 そして、いくつか立

イオンに行ったら香港の匂いがした

イメージ
この前イオンに行ったら、香港で嗅いだ匂いがした。 千葉ニューのイオンには、東側の平面駐車場に止めて2階から入る。台数としては館内の4F~屋上の方が止められるのだが、ぐるぐる回らなければならず煩わしいからである。通りをひとつ渡るので、歩道橋で2階入口から入ることになる。 2階は紳士服・婦人服などの売り場だから、食料品の匂いがした訳ではない。 どちらかというと無機質な匂いで、ああこれは香港のスーパーの匂いだと記憶が蘇った。 新婚旅行は人並みに海外に出かけたが、その後久しく海外に出ることはなかった。香港に行ったのはマカオのカシノに行ってみたかったからで、その頃直行便がなかったので香港からフェリーで行くのが一般的だった。 せっかく行くのだから香港も見ておこうということで、短かい時間だが街中を歩いてみた。当時香港にはそごうがあったので、そこにも寄ってみた。地下鉄駅にある「優の良品」にも行った。その時嗅いだ匂いがしたのである。 一時期日本中の観光地が中国のようになってしまったことがあったが、その時にもそんな匂いがした記憶はない。なぜ今になってと思うと不思議な気持ちがした。 匂いの記憶では、 沖縄に行ってサイパン国際空港の匂いがした ことがあったが、これは考えてみるとそれほど不思議ではない。サイパンは第二次大戦まで日本の信託統治領で、沖縄出身の人達が大勢いたからである。 われわれには分からないが、欧米の人達が成田空港に下りると魚の匂いがするという。空港ビルには寿司屋もあるのでそのためかもしれないが、空気全体が魚くさいという説もある。 千葉ニューで香港の匂いがする合理的な理由としては、同じ消臭剤を使っているとか、それほど多く中国製品が置かれているとか考えられるが、 もしかすると私自身にお迎えが近づいて、走馬灯のように過去の想い出が蘇っているのかも しれない。 この時の香港・マカオを皮切りとして海外のカシノに何度も足を運ぶことになり、私の人生でもっとも華々しい日々を送ることができたからである。 特に香港は、中国本土と違って日本と同じ漢字を使うし、英語が通じるから一人で行ってもそれほど不便は感じない。珠海のホテルで メニューに何が書いてあるか分からない ことがあったが、香港ではそういうことは起こらない。 もちろんいまはいまで楽しいし、香港も気

マーガリンは本当に体に悪いのか

イメージ
まだそれほど昔ではない時期、コレステロールは動脈硬化の原因でありできるだけ摂らないのが正しいと言われていた。その後、コレステロールの増加は原因ではなく結果であることが判明して、そういうことは言われなくなった。 それと同じような匂いを感じるのが、トランス脂肪酸絶対悪の風潮である。 だから、マーガリンは避けてバターにすべきというのが現在の考え方だが、本当にそうなのかと感じている。 まず大原則として押さえておくべきは、脂肪(脂肪酸とグリセリンからできている)は人間の体内で合成されないので、外から摂取するしかないということである(必須栄養素といわれる)。糖が足りなければ筋肉や皮下脂肪を分解して作れるが、脂肪はそういう訳にはいかない。(皮下脂肪や内臓脂肪は中性脂肪で、もともと糖である) そして、トランス脂肪酸が心筋梗塞その他の悪影響があるというのは欧米の調査結果であって、それらの調査が行われた国のトランス脂肪酸摂取量は日本の7~8倍なのである。 どんな栄養素であっても、摂りすぎが体によくないのは当り前である。 例えば米国でトランス脂肪酸摂りすぎの原因となってるのはジャンクフードをはじめとする食べ過ぎ である。トランス脂肪酸以前にカロリー過多で、だから肥満が多い。 必ず摂らなければならず、しかも摂りすぎでなければ、基本的にほとんど問題にならない。マーガリンをお菓子代わりに食べていれば害になるとしても、パンに塗るくらいはたいした影響はない。(アメリカではポテトチップやケーキ、ドーナツを大量に食べるので、結果としてマーガリンを1パック食べるようなレベルになる) また、トランス脂肪酸は植物性油脂を加熱した場合にだけ発生する訳ではない。牛など反芻動物の体内でも発生するので、牛乳にもバターにも当然含まれている。 だから市販商品を調査した結果をみると、トランス脂肪酸が最少のマーガリンは、最大のバターよりトランス脂肪酸含有量が少ない。トランス脂肪酸を避けてバターにしたところで、マーガリンと変わらないというケースがありうるのである。 その意味では、パンには何も付けずに食べるのがいちばん体にいいことになるのかもしれないが、ひとつ注意喚起したいのは、 体にいいと言われるEPA、DHAも脂肪酸であることは変わらない ことである。 EPA、DHAは魚由来だから問題な

加賀田山に着く前にひと休み 吾国山・館岸山(後編)

イメージ
国有林管理道に入った当初は「→加賀田山」「→館岸山」の道案内はあったのだが、その後はほとんど見ない。 あるのは境界見出標の赤い札だけである。それも、50台から始まってどんどん少なくなる。 道祖神峠から1時間以上歩いた11時過ぎ、ようやく最初の目印となる長沢三角点に到着した。しかし、目立つのはやはり境界見出標ばかりで、三角点は管理道から外れた一画にあった。 ゆっくりできる場所もないし、先はまだまだ長い。小休止してすぐ出発した。この境界標が20番台だっただろうか。このペースで進んだら館岸山はマイナスになってしまう。 そして、管理道はかなり急傾斜で下る。1/25000図をみると登り下りは標高差30mくらいでたいしたことがなさそうに見えるのだが、とんでもない。しっかり下ってしっかり登る。帰ってからヤマケイのサイトで計算してみたら、累積標高差は登り下りとも1000m近くあった。 ようやく下り切って峠地形の場所に着いた。 少し太い道を挟んで、直後から急傾斜の登りが待ち構えている。時刻は11時半近い。このルートを歩き通したら夕方になってしまうのではないだろうか。 この太い道からエスケープできるかなと考えた。しかし鈴木さんの本によると、この道を下っても採石地に行き当たるのでそのまま下ることはできない。採石地から吾国山方向に戻るか逆方向は薮で、そう簡単に林道に出られそうにない。 結局、この屏風のように立ちふさがる急傾斜を登るしかなさそうだ。下調べの時点ではこういう道とは見抜けなかったが、自分の落ち度である。このまま進むのが一番早そうだ。 ただ、この急登の周辺が伐採中で景色が開けていた。 管理道に入るとひたすら森の中を歩くので、こういう景色を楽しめる場所は限られる。ちょうどお昼でもあり、腰を下ろして昼食休憩することにした。 来た方向を振り返る場所で腰を下ろす。いちばん高いのは吾国山で、途中に道祖神峠があったはずだ。こうしてみると、標高518mの半分以上は下りてきたようだ。 暑くなると予想したので、飲み物はアーモンドミルクを用意した。あんパンとカロリーメイト、元気一発ゼリーも加えて栄養補給した。こんなに厳しいルートだとは思わなかったので、この日はあまり食糧を用意していない。 ひと息ついて、なんとか歩く元気も出てきた。そして、ちょうどお昼を食べ終わっ

キャベツ1玉千円って

イメージ
千葉ニュータウンはスーパーが林立しており、国道16号から464号を通って近隣市町村から来る買い物客も多い。それもあって比較的物価は安定していると思うのだが、食品についてはそうでもないらしい。 奥さんから聞いた話では、最近ではキャベツ1玉が千円近くするのだそうだ。私のイメージは特売で1玉100円、200~300円を超えるなら食べずに我慢するレベルであるが、 春キャベツの時期にもかかわらず天候不順で不作、価格が千円近くなっている そうだ。(日曜日に見てきたところ、千円ではないけれども大玉は700円。レタスくらいの大きさでも300円だった) キャベツが高いならレタスで済ませればいいような気もするが、なかなかそうもいかない。付け合わせならレタスを刻んで代用するとしても、キャベツ巻きはレタスでは難しい。トンカツやコロッケにも、キャベツがないと寂しい。 少し前はスーパーでキャベツの外側何枚かを捨てていく人が珍しくなかったのに、いまや半玉とか1/4玉買っていく人が少なくないらしい。永平寺に行くと警策で打たれてしまう状態から、禅寺レベルになったのかもしれない。とはいえ、大事に使う使わないと値段が高すぎるのは違う問題である。 その割には、大根や人参の葉っぱはいらないと、売り場で捨てていく人もいまだに多いらしい。わが家では、大根の葉はぬか漬けにするし、人参の葉は天ぷらでおいしくいただいている。捨てるにはもったいないほどおいしいし、栄養がある。 個人的には、キャベツなら安くなるまで食べなくてもいいけれど、 昨今のパイナップルの値上がりには目の前が真っ暗になる思い がする。近所のスーパーで古くなったパイナップルが200円で売っていて、この冬はかなり重宝させてもらった。ところがこのところ安売りはまったくなく、定価で買うと700~800円する。年金生活者にはとても手が出ない。 カットして売っているパイナップルは相当に割高で、300円のパックだと4分の1くらいしか入っていない。だから1玉買ってきて奥さんがカットして、1週間くらい食べていた。1玉200円だと1日30円くらいの計算である。 大安売りの特売といっても品物は決して悪くないし、中は熟れていてすぐ食べても甘い。葉っぱがしおれて全体が黄色くなっただけで安く売るのである。毎朝ヨーグルトに入れて少しずつ食べるのを楽しみ

紅麹は大騒ぎでPascoは素通り?

イメージ
GWはなじみのパン屋さんが休みで、現金もあまりなかったので、奥さんは近くのスーパーでPascoの超熟5枚切りを買ってきた。特に深い考えがあった訳ではない。 ところがネットをみるとまさにスーパーで買ってきたその日に、Pascoの食パンが騒ぎを起こしていた。それも、超熟5枚切りである。 異物が入っているとクレームがあり、調べたところネズミの死骸だった ということだ。 NHKでも放送したと書いてあるけれど、少なくとも紅麹のように大騒ぎした訳ではない。いまのところ健康被害は生じていないということだが、ネズミが侵入するような製造ラインであることは確かで、不衛生極まりない。 Pascoはというと、当該ライン製品の自主回収で済ませたいようで、回収するのも「山型」超熟だけだそうだ。しかし普通に考えて、衛生環境や製造ラインの管理が1工場1ラインだけの問題である訳がない。 スーパーに返品も考えたが、すでにレシートは捨ててしまった。レシートも持たずにスーパーに行ったところで、「これは回収対象外です」で終わりである。もったいないけれど5枚切り1斤はそのまま生ゴミとなった。 紅麹を服用している人と食パンを食べる人とでは、少なくとも2桁、もしかすると3桁人数が違う。にもかかわらず 紅麹は大騒ぎで、Pascoは素通りである。マスコミはいったいどういう価値判断でニュースを選んで いるのかと思う。 紅麹にしたところで、ニュースにするのは「予期せぬ成分が入っていた」までで、その成分が腎臓に悪いのか悪くないのか、紅麹そのものに問題があるのかないのかはどこも報道しない。きっとそこまで頭がよくないのだろう。 紅麹は大騒ぎとなったので、厚労省は調査に入らざるを得なくなったし、紅麹は全品回収である。かたやPascoには(ニュースをみる限り)調査も入らなければ、他ラインや他工場の商品はそのまま売っている。何かおかしい。 マスコミは、 ネズミくらいで大騒ぎしないで下さい。ゴキブリだって鳥の糞だって入ってますよ というつもりかもしれない。だが、紅麹よりネズミの方がよっぽど病原菌を持っている可能性が高いし、感染症の原因となったこともあるのは言うまでもない。 あるいは、Pascoよりヤマザキの方が不衛生で、それを承知でPascoを贔屓しているのだろうか。確かにヤマザキの不衛生さもよく知

道祖神峠から国有林の道へ 吾国山・館岸山(中編)

イメージ
吾国山頂には田上神社がある(麓の集落名からすると「たがみじんじゃ」と読むようだ)。立派な手水鉢とお堂があり、 前面には福原方面への展望が広がる。 最初に来た時ここは国見山(くにみやま・自分達の故郷を見るための山)だと思ったが、実際この田上神社は古くから近在の信仰を集めた神様らしい。 私がお参りした時に先客がひとりいて、拝礼を終えて景色を見ていると2人が後から現れた。まだ9時で早いけれどこの日は土曜日、朝方トレラン組とも会ったように、多くの人が登っているようだ。 吾国山から道祖神峠への下りは、記憶していたように急斜面で、しかもつるつるの粘土質で滑りやすいので難儀する。まだ先は長いので、足を滑らせて服を泥まみれにするのも嫌だし、足でも挫いたら大変である。慎重に下る。 道祖神峠や旧洗心館に車を止めている人が多かったようで、吾国山に登るグループ何組かとすれ違った。つるつるの登山道をようやく下り切ると、林道を横切って旧洗心館。ここは茨城県内の小中学校が林間学校で使った施設だったらしい。 補修に費用がかかるというので民間に払い下げとなり、4年前には犬が吠えている正体不明の施設であった。その後、 旧洗心館キャンプ場として、いまでは旅行サイトにも掲載されている営業施設である。 さて、4年前はその正体不明の施設内をハイキングコースが通っていたのだが、きちんと整備されているので入りづらい。舗装された林道が道祖神峠まで下っているので、そこを歩く。峠まで下ると注意書きがあり、旧洗心館を通っていもいいけれど施設や利用者の邪魔にならないようにと書いてあった。 道祖神峠は吾国山・難台山の山稜を横断する県道で、方向によって二輪車通行止めとなっている。吾国山方面へは、いま通ってきた旧洗心館まで車が入れる。逆方向の難台山側は、ロープが引いてあって車両通行止めである。ロープのすぐ前に、道祖神の石碑がある。 5分ほど歩くと、難台山方向と加賀田山方向が分かれる。難台山に向かう道があきらかに傾斜が急なので少しほっとするのだが、安心したのはここまでであった。 ここから先は初見の道である。1/25000図をみる限り難台山より大分標高は低いし、それほど混み入った等高線でもないので、ゆるやかな尾根歩きを期待していたのだが、それほど楽ではなかった。 鈴木さんの本に載っていない分岐がい

多くの人が知るべきは殺人事件や大谷ですか

イメージ
ゴールデンウィークがようやく終わり、NHKも平常ベースの編成となった。普段の番組編成でないと、1日のリズムが整わない。 いちばん嫌なのは、NHK-BSの海外ニュースが見られないことである。 国内ニュースでは那須の殺人・死体遺棄事件、BSを見れば大谷ばっかり である。NHKは視聴者の知的水準を下げたくてやっているのかもしれない。 海外では、主要先進国のほとんどはガザとウクライナがいまだにトップニュースである。時々、どこかの高校で殺人事件があるとそれが報道されることもあるが、連日その続報ということはない。 ガザとウクライナの次は、異常気象である。いま世界各地で高温と多雨が深刻で、干ばつが起こっている地域がある一方で、洪水で町中が沈んだりしている。ドイツもフランスも、南半球でもそうである。 そういう災害が日本では起こっていないから関心が薄いのはある程度仕方ないが、ヨーロッパや南アメリカまで行かなくても中国では洪水被害が甚大だし、少なくとも飲食店だか不動産会社経営の夫婦が殺された事件を多くの人が知る必要はないと思う。 先週も、ジムのロビーで年寄りが大音量でTVの前に陣取り、殺人事件のニュースを見ていた。きっと耳が悪いのだろう。それはともかく、 指示役とか仲介役とか実行役とか、警察発表の言葉をそのまま使ってどうしようというのだろう。 △△容疑者でなぜいけないのか、全然分からない。 そしてスポーツ中継といえば、朝から大谷である。野球に興味がない人間には何の意味もない映像に、月二千円の視聴料と貴重な資源が使われている。食品ロス以上の無駄遣いではないだろうか。 正直なところ、ガザやウクライナの映像は胸が悪くなるものが少なくないけれど、殺人事件や大谷よりずっと多くの人達が知るべきニュースなのは間違いない。殺人事件に指示役・仲介役・実行役がいることが、政治経済のあるべき姿を考えたりリスクを回避するため役立つはずがないのである。 TVを見ればそんなんばっかり、ネットを見ればカネの話ばっかり である。きっと日本人の多くは、他人の見る目とカネの話が最も重要なことで、自分の頭で考えたり、何が大切なのかを判断することができないのだろう。 本来、他チャンネルというツールはさまざまの分野に散らばっている視聴者の関心に対応するものであったはずだが、GoogleやYo

ノンアルコールビールはいいことばかりなのか ~糖質制限2024年4月(続き)

イメージ
2024年4月のアルコール摂取量は1日平均18g。 引き続き1日20gの厚労省推奨レベルを下回っているのだが、最近気にしていることがある。 というのは、アルコールを減らせている大きな理由が、ビールを飲まずにノンアルコールビールを飲むようになったことなのだが、果たしてこれが本当にいいことなのかという疑問がふつふつと兆してきたのである。 カロリーというのは燃やすとどのくらいの熱量を発するかということだし、アルコール摂取量はエチルアルコールがどのくらいの分子量あるかということである。人体の中でどのように変換されているか完全に分かった訳ではない。 糖質でなく合成甘味料を摂れば、 脳は糖質だと思って満足するし体は余計な栄養をとらなくてすむという理屈だが、 本当にそうなのだろうか。 体に必要ないものであればそのうち脳も分かってきて、こんなもの食べたり飲んだりしても生きていくのに関係ないと思いそうなものだが、そうならない。ノンアルコールでも飲めばビールと同じように満足感が得られる。 ということは、カロリーがない=燃やそうとしても燃料にならないだけで、実は体内ではそれなりの用途に使われているのではないかと思うのである。 疑わしいのは腸内微生物である。腸内微生物にとって、例えば食物繊維にはカロリーはないが、これを分解して栄養にすることができる。牛が草食なのにあの体格を維持できるのも、腸内微生物が関わっている。 だから、ノンアルコールビールやダイエットコーラに含まれる 人工甘味料も、腸内微生物には分解できるかもしれない。それにより「悪玉」微生物が増えるなんてことも ない話ではない。この分野の研究は、まだまだ進んでいないのだ。 エチルアルコールは結局、水素と酸素と炭素の集まりだから、厚労省の言う通り悪いものなら、水だって食物だって悪くないとは断言できない。いずれにしても生物は、死に向かって不可逆的に進んでいく存在なのである。 ましてノンアルコールビールはエチルアルコールよりもっと高分子の、人工甘味料の集まりである。アルコール抜きで脳をだましているつもりで、体にとって実は有害という落ちは、ないとは限らない。 p.s. 糖質制限シリーズ、バックナンバーは こちら 。 p.s.その2 糖質制限事始め、GO DOWN CLASSICに載せてます。 こち

中高年の山歩き 吾国山・館岸山(前編)

イメージ
今年も春がいつ来ていつ終わったのか分からないような状況で、結露に悩まされ湯たんぽを欠かせない日々からいきなり夏日になった。山歩きには悩ましい気候である。 近場で足の便がいい 筑波山にもデメリットがあって、暑くなると登れる状況にない ということである。昨年は蜂の大量発生でトレラン大会が散々な目にあったようだし、標高が低いので下界並みに暑い。 暑さもそうだが、筑波山はなにしろ人が多すぎる。それもあって非推奨登山道を選んで登ることになるのだが、人の代わりに虫や蜂、ヘビが出るのもまた勘弁である。 どうしようかなと考えていたら、例の鈴木さんの本に吾国山周辺のことが書いてあった。早いもので、吾国山・難台山を歩いてから4年経つ。久しぶりに歩きたくなった。 ただし、ここを歩くと登山口と下山口が別になってしまうのが不便なところである。まして、4月年金前は一年でもっとも資金繰りがきつい。500円の駐車場代で済むところが、電車賃で3千円近くかかってしまう。 3千円の負担増は厳しいが、なんとかなりそうな目処が立ったので、取り急ぎ準備して行くことにした。前と同じく水戸線の福原から登って、常磐線の岩間に下山する。今回は吾国山から館岸山を歩くことにした。 難台山から下りてくると、田圃をはさんで北に見える山並みが館岸山一帯である。そこを越えると笠間である。1/25000図を見ると採石場のガケ記号だらけで登山道が通じているか心配だが、鈴木さんの本によると三角点を結ぶ登山道があるようだ。吾国山を下りて道祖神峠で難台山の道と分かれる。 2024年4月13日。雨降りや夏日を避けたら土曜日になった。基本的にあまり人は多くない山域なので、大丈夫だろう。 実際、朝7時に福原駅で下車した登山客は私だけだった。 道案内にしたがい小山方面に進み、踏切を渡って引き返す。福原駅の駅舎は北側にしかなく、線路の南側は待避線になっている。貨物列車のような車両が止まっていた。 北関東道の下をくぐるあたりから、前方の景色が開ける。ひときわ高いのが吾国山である。山頂に登るとこちら側の景色が開けるから、麓からは吾国山がよく見える。 はじめ舗装道路だったハイキングコースも、田舎道になり林道になり、やがて登山道になる。登山道に入るあたりでトレラン組に抜かれた。傾斜に緩急はあるが基本的に歩きや

今年も田植えの季節・消滅自治体考 ~せいうち日記185

イメージ
家のすぐ裏に水田が広がっていて、 ゴールデンウィークには田植えが行われる。 この時期マラソン練習は午前8時頃走ることになるが、田植え機や軽トラが道いっぱいである。 日本の人口はどんどん減っていてコメの需要も当然頭打ちであるが、わが家近くの水田は休耕田がほとんどない。谷間の奥まったところまで水が引かれている。印旛沼周辺は、江戸時代からのコメどころである。 いまの主力品種は日本中どこでもコシヒカリで、南魚沼産ほどではないが印旛のお米もおいしい。味に差がつかなければ、消費地に近い方が輸送コストの分有利である。房総では宮内庁ご用達の多古米が有名だが、印旛沼の方が水はおいしいはずである。 作業を指揮しているのは私より十は上であろうお年寄りで、やせて色黒なのが特徴である。若夫婦と孫が手伝っていて(孫は遊んでいるだけだが)、若夫婦はそろって色白でやせ型である。昔、農家のおばさんはたいてい太っていたが、いまやそういうことはない。 先だって、有識者による人口戦略会議とかの組織から発表があって、 今後30年で全国自治体の半数近い747が消滅する 可能性があるらしい。今後30年で私自身が消滅するのは9割方(99%か?)確実だからどうということはないが、報道のされ方が妙に意図的な印象がある。 というのは、自治体が成り立つかどうか税収と公共支出の観点からだけしか検討していないからである。再生産可能な女性人口だけに注目するのはその表れで、それを言い出したら日本そのものが消滅危険国家であろう。 いまのライフスタイルを続けるならば、日本全国平均して危険水域で、それをランキングして消滅危険とか維持可能とかいっても、椅子取りゲームの実況中継をしているだけである。 少子化をどうしても回避したいならイランのように男女差別するか、少なくとも男女平等に制限を加えるしかないが、先進国スタンダードのポリティカルコレクトネスからそれが許されない。ならば、移民自由化とか若い世代を増やす抜本的な対策を構想するしかない。 話は戻って わが印西市、千葉県に2つしかない持続可能自治体の1つである (もう1つは流山市)。政令指定の千葉市、東京ベッドタウンの市川市、船橋市、浦安市をさし置いてのトップ2入りである。 確かに印西市近郊では企業の進出が相次いでいるし、それに伴って住宅建設も急ピッチで